日記一覧 | 茅野市周辺の不動産をお探しなら株式会社たけのこ不動産にお任せ下さい。

052-753-4433

営業時間9:00~18:00定休日水曜日

日記

 ジキル博士が居ると必ずハイド氏は居ます。同日人物ではありますが。写真のヘルメットとコルセットは語調は似ておりますが、使用目的は異なるモノであります。ヘルメットは過信、コルセットは慢心を表しております。

 

 39年ぶりにオートバイを買いました。大学1年生の夏休みにテキ屋のおっさん達の仕事を手伝い、街角で桃売りのアルバイトをしてお金を貯めて購入したZ750GPに3年間乗っておりました。卒業時に売却し、会社に着て行くスーツを買いました。わらしべ長者にはなれませんでした。後何年元気で居られるのか、老い先が短くなった事を考え、36年ぶりに買った訳です。男カワサキのZ900RSは予算オーバーしますので、ホンダにしました。当時のホンダはバイク界のトヨタみたいな存在に思えて、判官贔屓の私はホンダを毛嫌いしていましたが、今はそんな気持ちも無くなり、デザイン性と金額でCBを選びました。独立して仕事をしているからと言っても金額は青天井と云う訳には行きません。不動産屋で儲けている人には、何人かの社員さんをこき使い、ピンハネしない事にはなれません。社会保険料は会社が半分負担してくれると言われますが、私のように一人ですとオール=倍額を支払う事になります。広告経費や家賃も全て自分が稼ぐ必要があります。会社設立して7年目でありますが、オートバイに過度に予算を注ぎ込める程貯金が溜まる訳もありません。因みに、まだ借金コンクリート製のマンションのボーナス払いも有ります。私にはボーナスはありません。

 

 前置きが長くなりましたが、9月27日の午前中に1時間半もの手続きを終えた後、晴れて納車しました。まずはガソリンスタンドに寄ってガソリン満タンです。2,000円でおつりが来て嬉しく思えました。午後から中古マンションの案内がありますので、車に乗り換えるかどうか迷いましたが納車の手続きが長く掛かってしまい時間に余裕が無くなりましたので、そのまま鍵を借りる為に中区の不動産屋さんまでオートバイを走らせました。1階駐車場で2階に不動産屋さんは在ります。クラッチ操作やブレーキングは体が覚えていましたので到着までは大丈夫でしたが、駐車場の隅に停めようとして止まった時、もう少し隅に寄せようと思った為にスタンドを出し忘れて、降りようととしてしまいました。そしたら立ちゴケみたいになり、身体が左の壁に挟まれてしまい、身動きが取れなくなってしまった訳です。

 

 敷地外の歩道には時おり人が歩いていますが、誰も気が付いてくれません。他人がこの光景を見たら笑うだろうなと想像してしまいました。笑いながらでも助けに来てくれないものかと願いながら。広い場所での立ちゴケしたのであれば、エンジンガードも付けてありますので車体のキズも気にせず、さして問題も無く起こせるハズですが、身体が壁に挟まっています。もがいている内に何とかバイクをゆっくり向こう側にスライドさせて行く事が出来、壁とバイクのシートの間に狭い空間を確保する事が出来ました。何とか右足を手前の隙間に差し込んで、両足立ちの姿勢にする事は出来ました。壁を背にして腰に力を込めて起こそうとしますと、ハンドルやミラー、そして後部シートが壁にくっついてしまった為に摩擦力が加わり、ウンともスンとも動きません。ここで過信です。思いっきり力を込めたら背中に鉄球が落ちて来たような衝撃がありました。グキッと云う音も骨を通して伝わって来ました。時間的には骨を伝って脳に来た音が先でした。後ろを振り返って見ても腰の上には何も乗っている様子はありません。痛みはありますがアドレナリンが出ていますので、まだその時には元気があり、2階の不動産屋さんへ行って物件担当者に助太刀を頼みました。若い担当者はコケたオートバイを見て、気を使ったのか「恰好いいバイクですね。」と褒めてくれました。まっすぐに立っている時であれば嬉しい言葉ですが、死んだガゼル見たいなオートバイを見られるのは恥ずい事でした。二人がかりでオートバイを起こし、お礼を言ってから14時から案内がある私は一旦会社に帰り、案内の為に車に乗り換えて行きました。

 

 鍵を返却後、夕方整形外科に行きレントゲンを撮って貰いましたら、腰椎の圧迫骨折と云う診断を頂きました。その結果2週間後が写真のコルセットの完成と云う事になった次第です。一週間前にコルセット界では有名な、松本義肢製作所の義肢装具士さんが整形外科に来られ、ラップぐるぐる巻きにされた上に包帯に樹脂を染み込ませたようなテープみたいなモノを更にぐるぐる巻きにされ、5分で硬化した後、ヘソあたりから上に向かってハサミを入れます。体に合った基本ベース(ゲーム始めた頃に手に入る、シンプルな鎧みたいなモノ)が出来上がり、その後1週間かかって仕上げられたのが上記写真のコルセットであります。

 

 結局、ヘルメットからコルセットへ。コンクリートから人へ、みたいな支持率3%の野党の公約みたいな散々な結果になりました。痛み止めを服用しながら何とか身体は動かせます。これから約3か月はコルセット装着の生活になります。オートバイはマンションの駐車場、輪止めの後ろに鎮座しております。1ケ月(1000km)点検のお知らせのハガキがホンダから届いておりますが、16kmしか走行しておりません。これから3ケ月後、年明け位から乗れると思いますが、その頃は歯をガチガチ震わせる季節ですので、乗る機会はあるのでしょうか。体も鍛える必要がありますので、半年経った位に1ケ月点検となりそうです。ホンダに電話しておかないと…。

 

 保険効くかなと思いながら、折角手に入れたオートバイが埃にまみれて来ています。カバーも買わないといけないなと思う今日この頃です。小山君、因みにバイクはタンクがブルージンズ色のCB650Rです。

投稿日:2021/10/09   投稿者:新澤 三男

 シャトレーオーシャンビュー南知多203号の引渡しが近いので、現地の郵便受けの中身を取り除いたり、掃除機をかけたり、便器を掃除したり、カナブンの死骸を拾ったりした帰り、倫理法人会の会員さんが経営している知多市役所近くのプリュスと云う名のカフェに寄りました。

 

 そこには同法人会の前会長が遅めの昼食を食べに来られていました。相席食堂の開始です。前会長はランチを食した後、空になった私のホット珈琲のカップを眺めながら、「自分が頼んだ珈琲がまだ来ていない!」と仰いました。その脇には先ほど前会長が旨そうに飲み干したアイスコーヒーの空のグラスがあります。こちらから見るとストロー付きですので明らかです。歳を取るとそんな事が多くなりますよねと、大笑いです。

 

 さて、私の名刺の裏には、「髪が生えたらバイクに乗る」と目標が書いてあります。先走って購入したヘルメットを会社に置いていますが、その日は帰社後に被り心地を確認しておりました。其の実、嬉しくて鏡を見ていた訳です。「ヘルメットを被った俺格好いい!」と。その時お客様から電話があり、書類を今日中に修正する必要が出て来ました。途中で家からラインがあり、夕食ですよとの事。一旦帰宅しましたところ、遠近両用メガネがありません。会社から出る時に見つけられなかったのです。中近両用メガネはありますので、食事は大丈夫でした。夕食後会社に戻って遠近両用メガネを探しますが見つかりません。書類を修正後、そろそろ帰ろうとして、ふとヘルメットを裏返しますと、遠近両用メガネが内張に張り付いていました。電話が掛かって来た時に、メガネをかけたままの状態でヘルメットを脱いだ事を想い出しました。

 

 「頼んだ珈琲がまだ来ていない!」と、脇に置いてある空のグラスに気が付かなかった前会長を私は笑ってしまいましたが、前会長に「安心して下さい。ボケ始めたのは会長だけではありませんよ。」と報告事案が発生した訳です、私は実は同類ですと。年齢は前会長が還暦で、私が59歳です。ボケの連鎖と言いますか、人のことは笑えない私なのでした。

投稿日:2021/09/23   投稿者:新澤 三男

 7月23日(金)に我が家の次男坊が結婚式を執り行いました。コロナ禍ではありますが既に1年近く延期しておりましたので、まん延防止なんちゃらも7月11日には解除された事でもあり、東京2020オリンピック・パラリンピックの開会式に合わせて決行した次第です。

 

 小中学校の同級生、大学の友人、会社の上司や同僚や部下がいろんな地域から駆け付けてくれ賑やかでした。お嫁さんも働いていますので同じように集まって下さり、こちらは華やかな娘さん達で賑わいました。

 

 無事に結婚式が終わり、久々におめでたい事柄でした。

 

 さて、長男は今年入籍しましたが、元々昨年から結婚式の準備をしていた次男とは異なり、結婚式はコロナ禍で諦めたようです。そう言えば先様のご両親に大阪でお会いすると云う手筈が整っていましたが、緊急事態宣言の発令によりスケジュールが飛んでしまい、結局まだ先様の親御さんとはご挨拶もしていない状況です。皆でワクチンを打ち終わったら、会食しましょうと云う事になりました。

 

 先様のお父様はスキンヘッドにされていると云う事をお聞きしました。私の頭は死ぬ直前の岸部四郎のようになって来ておりますので、ここは潔くスケンヘッドで参りましょうかね。

 

 特に私の日記を読んでくれている小山君、お元気ですか? 似合わない燕尾服を初めて着た新澤先輩の近況をお伝えしました。

 

投稿日:2021/07/25   投稿者:新澤 三男

 5月から株式会社たけのこ不動産の第7期が始まりました。5月は賃貸仲介。6月に入ってからは昨年秋に瑞穂区内にて相談を受けましたお客様への相続登記が終わり、正式な売り媒介を賜りましたのでまずは隣地にお声掛けしたところ、そのまま無事に契約を終える事が出来ました。こちらの土地は建売業者さんに売却した方が仲介としては販売の仕事を頂けて旨みが大きいのですが、倫理法人会的な考え=「万物は世の中のお役に立ちたいと願っているハズ」と云うヘンテコな理論から考えますと。当該土地は隣地と一緒になって、全体として大きな長方形になって役に立ちたいと願っているのではないかと思われましたので、最初に隣地へお声掛けさせて頂いた次第です。話は直ぐに纏まり、ご契約に至りました。有難うございました。

 

 その他、本日10日には昭和40年代後半に一時流行っておりました別荘地ブームの際に、今は亡きご主人様が買われた、何も利用しないままの土地(写真参照)を相続させてしまい、心配の種となってしまっていた土地の契約同時決済を執り行いました。不要な土地を残しておくと、孫の代まで、いやそれ以上延々と心配の種が続きますので、どこかで切り離したいと思われていたお母様を3年前に保険屋さんからご紹介を頂きました。目立つ場所ではなく、なかなか決まるような土地ではありませんでしたが、ホームページに掲載しておりましたところ、個人的に利用出来るキャンプ場を探されていたお客様の目に留まり、案内後の本日に契約同時決済となりました。有難うございました。

 

 どちらの物件もそうですが、ご縁が大事です。契約時に売主様と買主様が机を前にして対面しますが、やはり何かしらのご縁がありそうな顔が向い合う事になります。そんな売主様・買主様のお顔を拝見しながら、世の中は面白いなと、いつも思ってしまうのです。

投稿日:2021/06/10   投稿者:新澤 三男

 これは今年3月5日に撮影した無人販売所の写真です。世の中には心無い人が居るらしく、この無人販売所では写真に写っている「せとか」と云う、いいとこどりの新品種の柑橘類(1袋200円)のお金が5袋分=1,000円も足りなかったと、店を開いておられる農家の方はお怒りです。「この分だと閉鎖も考えないと・・・悲しい事ですね。」とお嘆きです。可愛らしい文字から、その心の痛みが伝わって参ります。そんな事が日本で起こってはいけません。

 

 ところで、この無人販売所は東海市のとあるアパートの自転車置き場の屋根の下と云う、全天候型の恵まれた場所にあるのですが、このアパートの以前の所有者は、ここでは無人販売をしていないとの事でした。このアパートを仲介させて頂き、名義が変わった時点で所有者の変更があったお知らせをこの無人販売所の箱にも貼紙でお知らせしていましたので、もう居なくなったかなと思い、確認に行きましたところ、このように無断営業は続いていたのでした。


 世の中、いろんな種類の心無い人が居るものだと感心しました。仲介におきましてはいろんな経験させて頂いております。この後、再度の貼紙で、机と共に無断販売所は無くなっておりました。なかなか面白い経験でしたよ。

投稿日:2020/12/19   投稿者:新澤 三男