日記一覧 4ページ目 | 名古屋市瑞穂区周辺の不動産をお探しなら株式会社たけのこ不動産にお任せ下さい。

052-753-4433

営業時間9:00~18:00定休日水曜日

日記

 寒くなって参りました。一昨日は寝ていて寒かったので、昨晩から毛布と布団との上下関係を見直し、布団の上に毛布を掛けるように奥さんにお願いしました。お蔭様で今朝までぐっすりと眠る事が出来ました。このやり方は息子がネットで知り、1~2日実践した後に教えて貰いました。若い頃から知って居れば、例えば学生時代にアパートに住んでいた頃、大学生協で購入した布団セットの中の純毛と謳われていた肌寒さを感じさせる毛布で、なんで純毛なのにこんなに寒いんだろうと思いながら寝付きの悪い日々を過ごし、結局それから30年以上もこの方法を知らずに過ごしてしまった日々を思うと残念でなりません。先日お客様にお教えしましたら、そのお客様は「僕は結婚してから冬は毛布をず~っと布団の上に掛けてるよ。」と云う返事が返って来ました。結婚した時に、その方が暖かいと云う事を奥様から教えて頂いたのだそうです。ネットの無い時代です。物知りな奥様です。

 

 毛布が布団の上に来るなんて、子供が試している時に不格好な布団カバーと云った風情でみっともない事やってるなと思ったのですが、抵抗感をかなぐり捨てて実際やってみますと、これが本当に暖かいのです。見た目は悪いですが、誰が見に来るでも無く、今では家族全員真冬はこの方式にて寝ております。

 

 それでも寒い時には、寝る前に腹筋をします。足が浮いてしまいますので、かけ布団を足元に畳んでその下に足先を入れて重石とし、15~25回程度腹筋すれば、心臓がバクバクして来ます。そしたらお休みと声を掛けて布団を引っ張り上げて寝るだけです。布団の中で2分程度呼吸を繰り返せばすぐに布団内部も温かくなりますし、血液の循環が良くなり、冷たくなった足先も少しすれば内部から温まりますので、後は心配事さえなければすぐに眠りに付く事が出来ます。しかし、寝付きは良くなったのですが、歳を取ったせいなのか早く目覚めてしまうようになりました。これは何ともなりません。

 

 話の内容と写真は全く違うのですが、人生初めて車の試乗に行って来ました。その、気になってしまった車の写真を載せました。シトロエンC3と云う車です。微妙にブサかわいいのです。試乗車の色の配色がこの色でしたので、この写真を掲載しましたが、白ボディの赤天井などの色の車がありました。ほすぃ~と云う気持ちが高まりました。試乗では左回りに4回曲がって元に戻ってくるのですが、そのうち3回はワイパーを動かしてしまいましたので、外車に初めて乗車するのが丸わかりです。マツダファンとして一度は候補に上ったマツダCX3などと乗り出し価格は変わらないみたいです。なんとかしたいと思うのですが・・・。

 

 そんな夢を見ていると寝られなくなります。皆様、冬到来です。布団と毛布の上下関係を改める時期が来ました。試乗に行きますとアンケートを書かされて電話が掛かって来たりして後々面倒な事になりますが、これは気楽にお試し出来ますので、ご存じ無ければ一晩だけ騙されたと思ってお試し下さいませ。朝方など熱気が溜まって暑いと思う位ですよ。

投稿日:2017/11/21   投稿者:新澤 三男

 一週間ほど前、私が独立して初っ端の契約と今回の契約で2回、以前の会社の時に初めて仲介させて頂いた時から数えると3回も仲介のお仕事を頂いたお客様が家を建替えされましたので、お祝いとしてランの鉢植えをお届けしました。何が嬉しいのかと言えば2つの事です。

 

 まずは大層喜んで頂いた事です。まだエントランスタイルの工事が少し残っているタイミングでしたので、先にどなたもお祝いの品を届けていなかったらしく、玄関ホールの特等席に鉢植えを飾って頂きました。写真を撮りたかったのですが、それも可笑しな話ですので控えさせて頂きました。脳内にその時の画像が残っていますので、私自信は満足しているのですが・・・。こちらは何度もお仕事を頂いておりましたので何かお礼をと考えていた矢先、決済時に家を建替えされたと云うお話をお伺いしましたので、これは良いタイミングだと思い相応しいプレゼントをと考え、お届け致しました。少しだけご恩をお返しする事が出来て嬉しいのです。

 

 次に嬉しいのはそのような出費を誰の許可無く出来るようになった事です。以前、会社勤めだった時に土地の仲介で売却先が決まり、売主様お知り合いの業者で建っていた古家を解体していた時、作業員の不注意で火災を起こし、隣接の家の壁を焦がした事がありました。隣地の家には境界の越境の問題等を解決する為に何度かお話にお邪魔しておりましたので、菓子折を買ってお見舞いにお伺いしたのですが、帰ったら社長から説教を賜りました。仲介が行けば何某かの言いがかりを付けられ、宿題を背負わされる怖れがある事と、土産代を会社に請求した事です。厳密に言うと実際は間を空けて2度説教を喰らった訳ですが・・・。

 

 クレームと云う言葉もどうかと思いますが、以前の会社ではクレーム対応は私が殆ど受け持っていたので、私にはクレーム対して全くと言ってよい程怖れが無いのです。分譲マンションを販売していた時には担当営業マンが誰であれ、契約業務は私の仕事でしたので、契約時に「何か不具合があった時には私にお知らせ下さい。」とお客様にはお話しました。何かあった時にどうすれば良いのか分かると、お客様の安心されますし、実際に何か不具合があれば処理するには現場監督や職人さんと信頼関係を築いている私の方が現場にお願いし易いですし、対処スピードも早いのです。早期に不具合を解消すればお客様の気持ちも収まります。クレーム対処は想像するほど難しい話では無いのです。お金が掛かるだけの話で、誰がそれを持つのかと云う事を明確にすれば良い話です。それ故私は正面突破型で、クレームには慣れているのです。クレームから逃げる人を見ますが、避けると大きくなって襲ってくる事を私は知っています。解決に余計な時間と費用が掛かります。反論としては社長の言うような万一何かの因縁を付けられたとしても、私はその問題の落とし所の目処を付けずにそのまま持ち帰るようなおバカさんではないのですが・・・社長には途中入社の倒産したアホ会社に居たアホ社員がと思われていたんでしょうね。

 

 その隣接地の方とは境界の越境の件で何度もお邪魔して信頼関係を築いておりましたので、何か理不尽な事を押しつけられるのではないかと云う怖れは微塵も無く、ただただ状況の確認と、お見舞いの心を示したかっただけなのです。万一解体業者が無責任な事で言い逃れするようであれば、味方するつもりでもありました。お見舞いの品は結局会社で負担して頂きましたが、世の中窮屈なものだなと思った訳です。そのような要らぬ説教を余計に頂くような事を思えば、今は独立して自分の裁量でお金を自由に使える身となり、その事が非常に嬉しいのです。

 

 個人的には株式会社として給料制にしておりますので、私自身の懐具合はサラリーマンの時の方がまだボーナスなどもあり良かった位ですが、今は子供も成人し出費も減り幾らか楽になりましたのでそちらは食えればどうでも良いかなと思っており、3期目の今期は会社にゆとりが出来ましたので、そのような経費を自分の裁量で使えるようになりました。しかし、自分の実入りの心配よりも、会社の小さなダムに水が貯まった今、一人くらい社員さんを育てたいと思っています。

 

 話は元に戻りますが、お客様が玄関に花を飾って頂いた時に見せた、何だか照れたような今まで見た事のないような表情の、その笑顔を拝見してこちらもめちゃくちゃ嬉しくなったのです。さすがにもう追加で不動産を購入される事もないと思いますが、たまに顔をお見せしようかと思った次第です。会社も人が増えて大きくなって行かれておりますので、どこまで大きくなられるのか、楽しみでもあります。

 

 ところで昨年今頃お仕事を頂いて、今年2月に決済頂いた山梨県在住のお客様から贈り物を頂きました。半年以上前に取引も完了し、距離が遠いのにも係わらず今だにご縁を繋いで頂いており誠に有り難い事です。ご自分で育てられたブドウでした。家族で美味しく頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

 お客様に恵まれて感謝しております。一人で働いておりますので動ける範囲が狭く、今はご縁を頂いたお客様からご紹介頂いたりして仕事をさせて貰っています。ご紹介頂きましたそれぞれの仕事は、お客様の顔に泥を塗らないよう一生懸命これからも頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。 

 

 

 

投稿日:2017/10/07   投稿者:新澤 三男

 9月1日に大治町の土地を滞りなくお引渡しが完了し、また夜には7月末から販売を開始しました春日井市桃山町2丁目の中古再生住宅(写真の家)のご契約を取り行わさせて頂きました。しかし、調子良く行っている時こそ、気を付けなければなりません。一人で仕事をしておりますと、重要事項説明を作成したり、契約書を作成したりするのも一人です。思い込みで勘違いする事があります。以前勤務していた会社では、まず同僚にチェックを入れて貰い、最後に社長に見て貰った上で押印して貰っていました。二重のセーフガードです。しかし、今は自分で作成し、少し間を開けてから再度読み直しをし、主語述語がちゃんとしており、お客様に理解出来るよう書かれているかを確認し修正を入れて、最後に自分で押印して袋綴じします。ミスをする可能性が高まっています。故に宅建主任の保険に加入しました。そう言えばデベロッパーに勤めて居た時、マンションの重要事項説明書や契約書は私が作成していたのですが、この宅建主任の保険には上司だけが会社のお金で加入して、私のリスクは無視されていた気がします。万一の時は自分だけが助かるように、しかも会社のお金で上司は保険料を払っていた事を思い出しました。今思うと腹立たしい限りです。話をふかしている訳ではありませんが、分譲マンションを何十棟か手掛けて来ましたので、今まで1000件近く契約業務を行って来ました(マンションの場合は土日を利用しての集団契約も行います。学校の先生のように黒板の前に立ち、契約者数十人に対して一度に説明する機会もありましたので件数が伸びるのです。)が、有り難い事に重要事項の説明や契約内容でトラブルになった事は一度もありません。

 

 心配事の中身はまた別のところにも有り、それは次に売る物件が無くなってしまうと云う恐怖です。今はまだシャトレーオーシャンビュー南知多なる絶景のリゾートマンションや、中川区の土地、弥富市の中古戸建と幾つか希望の持てる物件がありますが、これとて終わってしまいますと、その後はあら恐ロシアと云う事になります。しかし、売る仕事に集中している時には、売り物件を掘り出す仕事は疎かになります。物件の案内やオープンハウスに時間を取られてしまします。チラシなども作らなくてはなりません。これは大変です。オープンハウスの時にはパート的に助けて頂ける良き友人が居ますが、仕事を取って来る仕事は私がやらなければなりません。来年は厳しい年になりそうな予感がします。一人では動ける範囲が狭くなります。何とかガンバリの利く若手社員さんが欲しいものです。来年はジリ貧になるのではと云う予感が脳裏に浮かびます。8月から社会保険にも加入した事ですし、ハローワークにでも行って募集をお願いして来ようかと思っています。どこかに良い人居ませんか。30数年分の知識と技をお教え致しますので。仕事は時間的にはブラックの可能性が高いのですが…。一人では休めませんが、二人だと休めますよ。

投稿日:2017/09/03   投稿者:新澤 三男

 先般一括査定をご利用頂いたお客様に査定書をお送りしました。いつもの仕事の取れない安めの査定価格です。安いと言っても現地周辺も確認し、十分な調査の上、今これ位が当該物件の実力ですよと自信を持ってお知らせするものです。現状は景気が回復し、不動産価格は安倍政権になった頃から上昇し、株価も2万円台をキープしておりますので、地価は落ちる気配はありません。しかしながら、今住宅を必要とされる30才代の方は、今まで給与が良かったと云う時期がありませんでしたので貯蓄も少なく、手が出せる価格には限度があります。実際の売価は売主様の言い値になりますが、高値追いしがちな希望価格に適正なアドバイスをさせて頂く事が私ども不動産仲介の仕事であります。売買が成立しない事には手数料が頂けませんので、天秤の中心に立ったつもりで、査定金額を算出する訳です。その他、先読みすればまだ少しずつ地価は上がると云う気配はありますので、過去の成約事例から考えて、微妙なさじ加減を加える必要があります。

 

 さて、今回は査定書を郵送後、お電話を頂戴しました。関東から名古屋に赴くので当社に寄りたいとのお話です。まずは現地でお会いし物件内部の確認をさせて頂きました。建物がある場合、内部の程度の良し悪しは価格に影響します。しかし、今回は築年数が古い為に解体更地渡しと決まっています。解体費用に影響が出ますので、内部に残置物が無いかの確認です。それから事務所にご来場頂き、お話をお伺いしました。なんと当社の査定金額は、驚きのビリかブービーだったとの事でした。

 

 なんで当社を選ばれたのですかとお尋ねしましたところ、実は既に購入希望の方がおいでになり、長年の付き合いのあるその方から価格を提示して欲しいと言われたとの事で、知合いに不動産業者が居なかったので一括査定サイトを利用されたとの事でした。各社それぞれ回答があり、当社は上記の通り比較しますと安めの価格です。最終的に当社を選ばれた理由は、以前からの知人に購入して頂くにおいて、立つ鳥跡を濁さずで、足元を見て高値で売りつけられたなと思われたくないとの事でした。各社の査定書をよく読み込まれ、当社の査定金額の算出方法やその金額に設定した理由付けに納得されたと仰って頂きました。いつもは仕事の取れない中立的な考え方に基づいた査定書で、久しぶりにお仕事を頂けましたのは非常に嬉しく思えた次第です。売主様は後で恨まれるような事は無いと思える絶対価格を求めておられ、当社の考える中立的な査定金額であれば、買主様が納得した上で購入して頂けるだろうと思われたそうで、それが当社を指名した理由だそうです。当社の査定方法や考え方にご賛同頂いた事が嬉しかったです。

 

 売主様にも損をさせず、買主様にもご納得頂ける査定価格を提示出来て、今回は良かったです。早速買主様に売却希望金額をお伝えしに行きましたところ、即断頂けました。買主様は金額を提示させて頂いた時に笑って下さいましたが、してやったりとか、得したな~と云うほくそ笑むような笑顔ではありません。市場に流通させれば早期に成約する可能性の高い絶対価格だからこそ、笑顔で快諾頂けたのです。実際はもう少し高い金額を提示しても、買主様は嫌な顔をされながらも値交渉が始まり、もう少し高い金額でも購入して頂けたのかもしれませんが、買主様に笑顔でご了承頂く事を売主様も希望されていましたので、今回はこれで良かったのです。売主様はくれぐれも相手の足元を見るような事はされませんでしたし、買主様はこの価格に決めた売主様の心の在り様を見られてご判断されました。すべからく契約はお互いが笑顔で行えるようにするのが仲介業者の務めです。今回は共に喜んで頂けた事が、私の喜びとなりました。

 

 因みに、今回の話の中で査定書は拝見はしませんでしたが、他社の一番高い査定金額をお伺いしましたところ、何と15%以上も高かったです。しかも坪単価は101万円との事で、坪100万円の限の良い数字だったら他社に負ける可能性があるので、坪1万円上乗せしているところが壺にはまりました。考え方は分かりますが、しかしそれは入札物件を購入したい時の考え方です。仲介が仕事欲しさにやるべきことではありません。大手の仲介業者さんは媒介契約を数多く取る事を考えます。在庫をストックしたいからです。売れなければ3ヵ月後、半年後と媒介契約の更新の際に価格を下げる交渉をして来ます。このような高値誘導査定にお客様が引っ掛けられた場合、時間ばかり食って売主様の今後の予定が狂わされてしまいます。イライラも募りますし、短期間に売れないとなりますと、売主様に取りまして良い事は何一つございません。半年も経ちますと売主様がクレーマー扱いとなって、価格を下げないのだったら別のところで売って貰って結構ですよと云う態度を取るようです。そこで怒って媒介契約を更新しない売主様と、この段階で仲介業者にハシゴを外されたら売れずじまいになってしまうのでは?と云う恐怖心から、再度下げた価格で媒介契約を更新する売主様に分かれます。

 

 しかしここは売主様は怒るところです。よくも人の欲に付け込んだいい加減な査定価格で釣りやがって・・・と小一時間。いつまでに売却したいのかによって売出価格は変わって来ますが、その物件の実力を示す本質的な価格は有るのです。当社はその実力金額を査定価格をしてお客様に提示するよう心がけております。いつも査定には2~3日程度時間をかけて査定しており、売主様に金額をお伝えするのが遅くなるのが欠点なのですが、じっくりと売主様が損をしない程度に早期売却の可能性を考えながら査定をしておりますので、1日置いたカレーのようなコクのあるたけのこ不動産の査定金額を是非ともお役立てして頂ければと思います。たけのこ不動産の査定金額を腹に含んでおいて頂ければ、高値売り出しでスタートを失敗したとしても、直ぐに修正出来ることでしょう。それから話は戻りますが、怒った後はたけのこ不動産に駈込みご乗車願います。時間を取り戻す為に改めて売り方を考え、急いで売買急行列車を発車させたいと思います。

 

 今回のお話は中立的な実力金額を査定価格としていた「たけのこ不動産」の新澤が、ついの日の目を見たと云う、結果自慢話となりました。お目汚し致しました。

投稿日:2017/08/04   投稿者:新澤 三男

 3月末に次男坊が東京へ就職して行ってしまいました。男は独り立ちしなければなりませんが、その時が来ますと、やはり寂しい思いをする事になります。まだ三男坊が一緒に生活していますので、我が家は恵まれているのかもしれませんが、三男坊もいずれ憧れのアメリカに行きたいと言いだす日も近いのではないかと思っています。ブサ猫と嫁さんだけが残ります。次男坊は家族それぞれに手紙を残して行きました。稼ぎの悪い私にもちゃんと有りました。今まで育ててくれたお礼と、今後の抱負などが簡潔に書かれていました。

 

 真っ当な人間に育ててくれた子育て上手な嫁さんにも感謝しています。経済的に余裕が無い事を知っていた為に、一年間自宅浪人をしていましたが、エアコンも無い部屋に籠って長時間に亘って勉強をしていました。我が家始まって以来の理系です。学費も安く、家から通える公立大学に合格してくれたので随分と助かりました。理系は大学へ行ってからもよく勉強するものですね。私ら文系のボンクラとは違い、理系は努力を続ける力がスゴイと云う事がよく分かりました。東京へ行っても、きっとその調子で頑張ってくれる事でしょう。こちらは手元不如意で頼りになりませんので、何とか独り立ちしてくれればそれだけで十分親孝行なのです。これからコツコツ仕事を覚え、その積み重ねがいずれ花を咲かせるように努力して行って欲しいと思います。サラリーマンで終えられるならそれでも十分なのですが、私みたいに会社が倒産したり、ホッとしていると会社から放り出されたりする事も長い人生には起こりますので、そんな時にも何とか生きて行けるような「手に職」?と言いますか、「腕におぼえあり」的なものを学んで行って欲しいものです。人脈も増やすなり、また、行き詰った時には敢えて厳しいブラック企業にも修行と思って行く気概を持っていれば、人生何とか生きて行けますよ、と親父はアドバイスをしておきたいと思います。

 

 今年、我が家の息子は一人旅立ち、長兄の家では一人娘が第一志望の高校へ合格したとの事で、特に田舎の母親などは一安心と云う事で喜んでおります。歳を取ると人生反省する事ばかりであり、鬱になりそうだと母は嘆いておりましたが、孫達の人生が上手く行っているとの事で、少し元気が取り戻せたようです。特別な親孝行は出来ておらず心苦しいのですが、私達の子供たちが私達に成り変わり、田舎の母に親孝行をしてくれています。まだ楽しみとしては孫の結婚もその内あるでしょう。少しでも長生きしてくれたらと願うばかりです。

投稿日:2017/04/04   投稿者:新澤 三男