日記 2020年2月 | 名古屋市千種区周辺の不動産をお探しなら株式会社たけのこ不動産にお任せ下さい。

052-753-4433

営業時間9:00~18:00定休日水曜日

日記

 昨日の2月10日は次男坊が帰って来た事、三男も妻も休みと云う事で、ついでに私も休む事にして三重県菰野町の温泉施設へ日帰りで行って来ました。行った先は湯の山温泉アクアイグニスと云う名前の場所です。昨日は月に一度開催されているマルシェの日と重なり、人が列をなしていました。私達の目的は温泉へ入る事ですので、その列には並ばずに済みましたが、駐車場へ入るのに苦労しました。私以外の家族は来た事があり、まずはスケジュールがあるらしく、「コンフィチュール アッシュ」と云うお店は有名なパテシエである辻口博啓と云う人が東京っから菰野町に引っ越して来てまでオープンさせたスイーツのお店ですが、10時の開店と共に入店しました。感想は2つです。カラフルで見るからにめっちゃ美味しそうなスイーツが並んでいますが、1ケ500円前後しており物価は東京並みです。そして見た目以上に美味しいのであります。ホットコーヒーは紙コップでコンビニみたいで少し興ざめでしたが、味についてはめっちゃ満足しました。

 

 いきなり小休憩してから温泉施設に入りました。神様は日曜日を先にお決めになられたとの事で、休憩から入ってもおかしくはありませんが、昭和生まれの貧乏人の小倅には分不相応な順序のような気がします。温泉施設の入館料は平日600円と、これは逆に安いのかなと思いましたら、休日は800円でした。ロッカーを空けると「お湯には5分以上連続して浸からないで下さい。」と書いた紙が貼り付けてありました。温泉成分が強いのか、たまに施設内で倒れる人が居るらしいのです。しかし、それもそのハズです。露天風呂に浸かりましたが、温度は多分43度弱位で、長湯してしまうのです。丁度小雪が舞っていたのですが、息子達と20分位は浸かっていました。三男はガソリンスタンドでバイトをしていた時に来た事があるらしく、その当時髪の毛がパサパサになって手も荒れていたそうですが、この温泉に浸かってから2週間位は髪の毛はしっとりと落ち着き、手荒れも良くなったと申しておりましたので、良い湯なのでしょう。

 

 お昼はまた物価の高い洋風料理のお店でコース料理を食しました。メインディッシュに、ややこしいですが私(名前は三男)と息子である三男はお魚料理のスズキのムニエルをお願いしました。妻は菰野ブタのステーキで、次男は若鳥のコンフュです。家族でコース料理を食べたのは初めての気がします。不在の長男には御免なさいです。因みにお店の名前は「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」です。高そうな食器に少しの料理が載っかっています。小食揃いの我が家には最適な量でした。

 

 そしてマルシェが店じまいしてしまう前に各テントを見て廻りましたが、お客様まばらになっていましたので、横目で見ながら一廻りし、結局また温泉施設へ入館しました。しかし、再度温泉に浸かる気力はなく、休憩室で昼寝する為の再入場です。お昼前に施設から出る時に手の甲に肉眼では見えないスタンプを押して貰っています。再入場時にはそれに特殊なライトを当てて貰い、確認出来れば再入場が可能です。畳敷の大広間に人を怠け者にしてしまう大きめのビーズクッションがあり、それを枕にお昼寝タイムです。

 

 30分位うたた寝をしました。それからまた「コンフィチュール アッシュ」に寄ってジャムなどのお土産を買って新名神に乗って帰りました。午後4時には帰って来れましたので、職場に来てメールなどを確認しながら査定の仕事の残りを仕上げて帰った次第です。そろそろ子供達も結婚する事になりそうですので、家族皆で出かける事も少なくなります。我が家では3年前に迷いネコを拾って育てていますので、泊まりでの旅行が出来なくなりました。30年前の6年間は四日市に住んでいましたのでその奥にある菰野町には何度も行った事があり、名古屋から菰野町へ行くにはリゾートに向かう時に感じるハレの気持ちにならないのが残念ですが、近くてそこそこ良い場所でした。四日市市では長男次男が生れた場所でもありますので、ご縁のある場所です。今度は長男が帰って来た時にでも一緒に行こうかな。そう言えば盆と正月以外では4年半ぶり位に仕事を休みました。どこかへ行く用事があれば、休みも楽しい事が分かりましたわい。次に行く時は和食の「賛否両論」に入ってすき焼きでも食したいものです。

投稿日:2020/02/11   投稿者:新澤 三男