日記一覧 | 知多郡南知多町周辺の不動産をお探しなら株式会社たけのこ不動産にお任せ下さい。

052-753-4433

営業時間9:00~18:00定休日水曜日

日記

 台風10号が広島に来ると云う事で、土産物を買いに呉市に行く途中の朝方、第二音戸大橋の展望台から海を眺めましたら、台風10号を避ける為に、航路を避けて船が停泊していました。

 

 高速代を節約する為、夜の11時半過ぎに再度第二音戸大橋の展望台へ行きましたら、その数が増えていました。新しい場所に船の明かりが見えます。日頃見る事のない、台風からの船の避難方法でした。

 

 うちの親父さんも船乗りでした。機関長をしており、いつもエンジン音を聞いていたせいで晩年は耳が遠くなってしまいました。職業病です。第二次大戦でロスケ(父曰く)に捕まり、捕虜として労働をさせられていたとの事です。強制労働中にトロッコの事故で顔を挟まれ顎の骨を割ってしまい、帰国後母とお見合いをした時は、ほぼ金歯で獅子舞のような男だったと母は申しておりました。今回、ボケが進行した母が迷惑をかけてしまった町内の家に、お詫びの品を持って行きましたところ、奥様曰く、その家のご主人(船長)と父(機関長)は同じ船に乗っていた仲間と云う事でした。次の日の朝早くご主人がやって来て、「お詫びの品とか受取れない。同じ釜の飯を食った仲間だよ。年を取ればボケるのは仕方がない事だよ。」と言って下さり、結局お詫びの品は返却されて帰ってしまわれました。頭の良かったひとじゃったと、父を褒めて下さいました。親父を貶した事のある人はボケる前の母だけで、他人は皆親父を褒めます。そう言えば葬儀の時にビックリする位の人が参列してくれました。

 

 桟橋に一人座って海を見つめて思いつめていた時に、お父さんに話しかけられて嬉しかったと仰って来られた見知らぬお年頃の娘さんの話とか。聞いた事の無い親父の話がてんこ盛りな葬儀でした。人間死んだ時に価値が分かるんだなと思った次第です。

 

 死ぬと云う事で、最後の通信簿に世の中からの評価が付けられます。ちゃんと生きてから死ぬ事が大事なのだと、親父さんの死から学びました。

投稿日:2019/08/15   投稿者:新澤 三男

 昨夜の我が家の食卓。タイの兜煮において、お頭が見当たりませんでした。つまり三枚に下ろした真ん中の骨を中心とした身が少しだけ残っている部分を煮たモノだけが食卓に上りました。とうとう我が家に来る時が来てしまったみたいです。消費税増税を前にしてこの有り様ですので、増税後は我が家の食卓では「毎日がモヤシ祭り」になりそうです。モヤシは今まで沢山食べさせて頂いたので、私の寿命が縮む事になりそうです。尚。写真はショッキングでしたので割愛させて頂きました。皆様、ご自愛下さいませ。

投稿日:2019/08/11   投稿者:新澤 三男

 先週の土曜日に広島から兄が来ました。岡崎市のおかざき世界子ども美術館で岡崎が生んだ天才「村山槐多」展が開催されていたからです。兄はもともと絵描き志望で、中学校の美術室に飾ってあったミケランジェロ風に描いた兄の油絵を見た時、すんごい才能がある人なんだと思った記憶があります。兄は高校卒業後リュックひとつ背負って、日本全国を旅していました。その時は携帯電話など当然ありません。実家にたまに絵葉書が届くのが唯一兄が生きている証拠と云う時期がありました。私が小学校5年生位の時から何年間も行方知らずの状態です。この日は元々前から来名すると云う話でしたので、案内予定も入れておらず、久々のお休み気分です。

 

 朝8時半ころ名古屋駅へ迎えに行き、そのまま高速道路に乗って岡崎市までひとっ走りで、1時間位で美術館へ着きました。兄は一度村山槐多の絵の展覧会を山梨県かどこかで見た事があるらしく、もう一度見たいと云う思いで愛知県まで出て来たのです。残された人生も短いので、好きな事をしないと人生が勿体無いのだそうです。兄はフットワークが軽い人で、気になる画家の個展があると何処へでも行くらしく、絵葉書をよく送ってくれるのですが、その都度美術館で買い求めているらしく、毎回絵柄の違う絵葉書が届きます。絵心の無い私は、ただただ兄の書く文章を楽しみにしているだけですが。

 

 1時間ほどかけて約100点ほど展示されている絵画を見終わってもまだ11時前でしたので、ここは名物、浜松市まで車を飛ばしてハンバーグレストランさわやかのげんごつハンバーグを食べに行きました。インター近くのお店は1時間以上待たないといけないと云う事で、さわやか浜松富塚店へ行って来ました。ここは以前浜松で単身赴任して時に私の設計で家を建ててくれたお客様が交通事故でお亡くなりになられたので、お線香を上げに行った帰りに次男坊と立ち寄った事があるお店です。次男坊はお薦めのげんごつハンバーグではなく、チキンソテーとハンバーグが載った一見お得に見えるプレートを注文し、ハンバーグを一口食べた時、「失敗した~。」とつぶやいたお店です。ハンバーグが小ぶりなので、楽しみも半分なのです。兄も一口食べて、「みっちゃん、これ美味しいわ~。」と言いました。その日はドリンクサービスもあり、パインカルピスを付けて頂けました。いい歳をして普通ならば絶対に頼まない種類のモノですが、甘くて美味しかったです。

 

 早く帰りたいとの事で観光するでもなく、隣の杏林堂と云う薬局で浜松餃子を買って帰りました。兄は私のところに来るのは初めてですので、借金コンクリート造のマンションの4階にある5人で住んでいた3LDKの狭い部屋を見て貰い、ついでに徒歩2分の場所にある仕事場である事務所を案内し、それから名古屋駅まで送って行きました。

 

 私の人生の中で出会った人の中でも、兄弟であると云う色眼鏡を外しても最も尊敬できる人が兄であります。働き者で気遣いが出来て、どんな人にも優しいのです。昔放浪中雨の日に神社で雨宿りをしていたら神主さんに追い出された経験があったりして、世知辛い世の中を経験し、更に優しくなったものと思われます。私は自分の子供たち(男の子3人)にも恵まれているので、有難い事に私は幸せ者です。あっ、モヤシを工夫して色々なおかずの付け合わせに出してくれる心優しい嫁さんも居ました。幸せモノです。

 

 土曜日は久しぶりに仕事を休み、やはりたまには休みを取って心を豊かにする何かをする事に充てるべきなんだろうなと思った次第です。兄さんありがとね。

投稿日:2019/07/11   投稿者:新澤 三男

 今日は、昨日雨でしたので、雑草の根っこを抜き易いかなと思い、2週間前に契約した中古住宅の庭に生えている雑草を抜いて来ました。中古住宅の瑕疵担保責任保険に入る為に3日程前に建物検査があり、その検査中に延びた雑草の上から5分の4ほどブツブツと刈り込んで、天日干しをして水分を飛ばし、容量をコンパクトにしてゴミ袋に入れ易くする作業をしていましたので、本日は雨で緩んだ土から刈り残した5分の1を引っ掴んで根っこを抜く作業です。終わりに可燃物のゴミ袋に雑草を詰める作業を行いました。箒を忘れてしまいましたので、細かな葉っぱはまた今度の回収です。

 

 さて、今から約17年前の40歳の頃、このままずっと勤めあげると思っていた会社の8歳年上の上司と私の元へ、同時に年金定期便が届いた事があります。このまま勤めあげれば60歳から私が貰える年金の月額予定は約15万円で、上司は月額18万円と記載されていました。払込金額にもよるのでしょうが、年齢が若くなる事によってどんどんと条件が悪くなって行くんだなと思いました。

 

 あれから17年が経ちます。今回届いた年金定期便によると、予定受給額は13万7千円に減っていました。失業時や独立後しばらく払った国民年金の期間32カ月間、仲介業務の修業をした仲介会社による低く抑えられた基本給などによる保険料の少ない期間も2年半あります。その他も合わせますとなんやかんやで6年間は支払保険料が少なかった期間があり、結果は厳しく反映されてこのような支給予定額の減額となって表れて来ました。

 

 さて、現在は90歳あたりまで生きる世の中となり、20万円の年金受給者は毎月約5.5万円ほど不足し、2,000万円は自助努力で貯めておいて下さいと云う事が金融審議会の金融庁への報告内容から話題となっております。しかし、そもそも自分に当てはめて見た場合、年金受給予定額が13万7千円では全く前提条件が違って来ます。死ぬまで2,000万円足りないと云う話は、毎月旅行に出かけたり、孫にお小遣いをあげたりと、少々余裕のある生活を送る前提の人が足りない金額で、それらは実際のところ、マトモな会社を定年退職した人などは退職金で賄えるのではないでしょうか。私の場合は3人の息子たちの子育てがあり、教育費が多く必要な時期にファイヤー→転職→転職と云う時期に重なり、しかし昨今こんな話はどこにでも転がっている話ですので、哀れを装う事はしませんが、大変な時期を過ごしましたので、これから貯めないといけないと云う事です。以前の会社の退職金は、会社にお金が無いので預けておいてと頼まれ、預けておきましたところ不幸な事にそのまま倒産に至り退職金などありませんので、今から年金と合わせて毎月25万円の比較的裕福な生活を目指そうとした場合、これから数年の間に4,000万円程度の貯蓄をしないといけない計算になります。これは無理です。まだまだ先は長いのですが、人生負け組確定です。

 

 さてと、と云う結論が出ましたので、死ぬまでは無理ですがボケが進行して仕事が出来なくなるまでは働く事が決まりましたので、不動産を売り買いされる事になりましたら、宜しければたけのこ不動産にお仕事下さいまし。

 

 引渡前にもう一度中古住宅の庭の様子を見てきます。梅雨に入りましたので、引渡しまでには雑草は生えて来るのでしょうね。でも事前に処理したので、後は楽かと思います。年金は手にするまでの期間が長く、手の届かないところで制度の変更などが行われたり、また予期せぬ転職などで受取りの予定額が変わってしまい、それはどうする事も出来ませんが、お客様へのサービスである草刈りは自分の意思で行えますので、そこは出来る事ですので残りもちゃんとしておきたいと思います。あまり先を見ると苦しくなりますので、目の前の出来る事をコツコツとこなして行きます。そのうち何とかなるでしょう。この前の講習会で何人もの社員さんを抱えている化粧品会社の女性社長さんは、首を括るのも覚悟して経営していると仰っておられました。私も独立した頃にはその事も考えました、痛いのかなと思いながら。しかし、世の中にはカップ麺や庶民の味方のモヤシもあります。そうそう悲観する必要はありませんよね。

投稿日:2019/06/16   投稿者:新澤 三男

 最近頬骨の上に、以前から気になっていたのですが、デキモノが堅くなって来ました。同じマンションの上の階に住む以前の会社の同僚が皮膚ガンで手術を受けたとの事で心配になり、以前仕事でお世話になった鶴舞のSSクリニックの先生のところで受診して来ました。老人性のイボですよと笑いながらの診断です。特殊なカメラでイボを撮影後、ほらねガンではありませんよとの事でした。歳を取るとこうなるんですよと笑っておいでです。

 先生のクリニックには数千万円する肌を綺麗に焼く治療が出来るドイツ製の医療機械があるとの事で、手術も約5分で終了と云う事でその場でお願いしました。肌のメンテに特化したお医者様と聞いておりましたので、何かあった時には先生にお願いしようと以前から思っていたのです。例えば肌が進化して変化した髪の毛の植毛とか…。

 手術中は頬に麻酔注射を打ちましたが、やはりそれが一番痛いのでした。麻酔が効いて来たら、後は先生にお任せです。ゴ~ンと云う音が響きます。皮膚が焦げるような臭いがしますが、痛みはありません。患者さんの術前・術後の写真も見せて頂きましたので特に不安はありません。信頼している先生にお任せです。3ヶ月位は赤みが残るそうですが、その後には消えて行くそうです。こちらは男ですから顔に多少のキズが残ったとしても今更婿に行く訳でもありませんので何ともありません。しかし、女性の方はそれでも手術と聞くと心配かと思います。

 術後はハサミで細かく切って使う絆創膏を貼って頂き、その絆創膏が亡くなったら塗り薬を塗ると云う事でしたので、下階の薬局で購入して帰宅しました。先生から見て気になる他のシミなども、手間は一緒だからと云う事で、計4か所焼いて頂き、絆創膏を貼って終わりです。心配事が一つ消えた上に、久しぶりに先生と旧交を温める事が出来て嬉しく思いました。

 腕の良い先生ですから、自信を持ってお薦め出来ます。何か肌にトラブルがあったら、鶴舞のSSクリニックを検索し、予約を入れて行って見て下さい。地下鉄鶴舞駅から徒歩約1~2分です。駐車場も4台分あります。

 

 ところで、最近は年の所為かと思いますが、物忘れがひどくなりました。ネットにて物忘れに効く薬は無いものかと探しておりましたら、カルピスからCS19ペプチド配合の、うっかりが気になる方に「すらすらケア」と云うサプリメントを通信販売のみで販売しているのを見つけました。薬ではなく、サプリと云う事で通信販売をされておりますが、毎月1回忘れずに送ってくれるコースをお願いしました。人や地名など、物の名前が出て来ないと云った症状が改善し、ぺらぺらとしゃべる事が出来ます。これはこれで昔世間から言われた「千三つ」と呼ばれる悪徳不動産屋になったような饒舌さで、逆に余計な事までしゃべりすぎて墓穴を掘りそうで怖い位です。最近物忘れがひどくなったと感じる方に、「すらすらケア」はお薦めです。

 但し、怖いことに飲み忘れると、てきめんに物忘れがひどい状態に戻ります。これではサプリ中毒者になってしまいますので、毎月ず~っとお金を払い続ける必要が生じます。3ヶ月のお試し期間があるのですが、その期間を過ぎても辞められなくなってしまいました。毎月散髪代に近い、何と4,000円弱が永遠にです。消費税が上がると4,000円を超えるのかな。でも何か、カルピス社にお金を払うのは許せると思えるから不思議です。

 *SSクリニックさんの秘密兵器の名称は「炭酸ガスレーザー」でした。再受診時に確認しました。

投稿日:2019/03/19   投稿者:新澤 三男